VERITAS INVESTMENT

マンション経営・不動産投資をゆっくり知ってじっくり考える
ヴェリタス・インベストメントの[マンション経営ラウンジ]

0120-177-732お電話受付10:00~19:00(平日) 各種お問い合わせ

ゼロからのマンション経営 サクセスストーリー

OLふたりのマネ活日記

仕事や遊びを楽しむ29歳、仲良し独身OLの麻衣と美咲。一緒にヨガスクールに通ったり、旅行したり。「結婚しても今までどおり楽しく遊ぼうね」と言いつつ、「そう言えば結婚したら、仕事はどうしよう?」「しばらくは独身だとしても、今のままでいいのかな?」と、そろそろ将来のこと、お金のことを真面目に考えよう!と行動を起こす。

不動 麻衣(ふどう まい)

29歳、製薬会社勤務の独身OL。Season1で登場した智夫の妹で、川崎市内の賃貸マンションを友人とルームシェアしている。趣味は美術館めぐり。パワースポットや神社も好きで、最近御朱印を集めはじめた。どちらかと言えば兄に似たのんびり屋でコンサバな性格だが、いちど決めたことにはとことんこだわる一途な面が。半年前に彼氏と別れて以来、現在はフリー。

城山 美咲(しろやま みさき)

29歳、麻衣のルームメイト。麻衣とは大学のサークルで知り合って以来の親友同士。都内の中学校の教師をしていて、九州にいる両親も教師という一家に育つ。行動的で新しいことになんでもチャレンジする性格なので、これまでヨガやフラワーアレンジメントなど習い事をたくさんしてきた。同い年の彼氏とは現在3年半交際中。

金子 ミカ(かねこ みか)

29歳、麻衣と美咲の大学時代の友人で、銀行勤務を経て、ファイナンシャルプランナーとして独立したばかり。銀行員時代の先輩と2年前に結婚。大学時代はどちらかといえば控えめな性格だったが、就職し金融や経済のことを知るにつれ「もっと勉強して、仕事も家庭も充実した理想の女性になりたい!」と目覚めた。趣味は経済系のセミナーめぐりと、週末の夫との登山。

第2話「結婚しても、自分の収入があることは大事」

「ライフプラン、考えたことある?」~休日pm15:00 桜木町のカフェ~

美咲:あ、あれじゃない?お~い、久しぶり!

ミカ:わぁ久しぶり!ミサキとマイちゃん!変わらないねぇ。

麻衣:そういうミカちゃんは、キレイになったね、びっくりした。

ミカ:やだ、ありがとう!

美咲:そういえば結婚したんだよね、おめでとう!

麻衣:えっそうなの?相手どんな人?どこで知り合ったの?

美咲:ちょっとマイったら、そんな矢継ぎ早に…。
ミカちゃん、その話は今度改めて聞かせてね。

ミカ:そうそう、今日は投資について知りたいってことだったよね。

麻衣:投資ってだけじゃないんだけど…。

美咲:私たちも30歳になるし、
お金のこと知った方がいいよね、って話になって。

麻衣:貯金するとしても、実際いくら必要なのか分からないし、
そもそも貯金だけでいいのかな、とか。

ミカ:なるほど…。ところで、ふたりとも結婚は?

麻衣:え~そんな、ぜんぜんそんな話ないよ。相手もいないし。

美咲:私も今のところ、すぐには予定ないなぁ。

ミカ:そうなんだ…子どもは将来、何人くらい欲しいと思ってる?

麻衣:え、そんな。分かんないよ。…でも、ふたりくらい?

美咲:それって目標みたいに決めておくこと?
自然な流れにまかせるんじゃないの?

ミカ:ん~…ふたりは自分のライフプランって考えたことない?

麻衣・美咲:ライフプラン?

ミカ:出会いや結婚はもちろん、自分だけの力ではどうにもできないよ。
でもね、今は決まってなくても、
目標でもいいから考えておいた方がいいと思うんだ。

美咲:それって、32歳までに結婚、みたいなこと?

ミカ:それもそうだけど、第一子は何歳までに、第二子は…。
都心に住むか、地方の可能性もあるか、車や持ち家は買うかどうか、
親の介護の可能性は…っていう細かいところまでシミュレーションしてみるの。
それぞれ、かかるお金の金額とタイミングが変わってくるから。

「出産したとき、給料はどうなる?」

麻衣:そんなの、相手にもよるし、分かんないよ…。

美咲:…じゃとりあえず!今の彼氏と結婚するとして、ってコトで。

ミカ:うんうん、とりあえずでも、考えてみることが大切だよ。
で、かかるお金は、結婚式の資金にまず平均350万円※1ね。

麻衣:そんなにかかるの?私、結婚式しなくっていいかも…。

美咲:う~ん、私は田舎の親が期待してるから、やらない訳にはいかないかな。

ミカ:折半だと175万円。親からの援助が100万円あるとして、
ご祝儀分である程度まかなえるとしても、代金は先払いが多いので、
いろいろ含めて結婚式用として100万円は準備しておいた方がいいね。
私も、全く贅沢したつもりはないのに、どんどんお金がかかってびっくりしたよ。

美咲:100万円か…それくらいならひとまず大丈夫。

ミカ:お仕事は、結婚しても続けるんでしょ?

麻衣・美咲:そうだね。

ミカ:子どもを授かったらどうする?

美咲:できれば続けたいけど、子どもの側にもいてあげたいし…。
いったん辞めて再就職もいいな。ほかにやってみたいこともあるし。

麻衣:…そう言えば、産休・育休中ってお給料はどうなるの?

ミカ:私も気になって調べたんだけど、出産前6週間と後8週間の産休中は、
健康保険から出産手当金がでるよ。給料の約2/3くらい。※2
会社の制度にもよるけどね。

麻衣:そうなんだ…ほっ。

美咲:あれ、でも生後2か月までしか出ないんだね。そのあとは?

ミカ:申請すれば、雇用保険から育児休業給付金がもらえる。
生後半年はお給料のだいたい6割、それ以降で半額くらいかな?
基本は1歳までだったんだけど、10月に2歳までに改定されたはず。※3

麻衣:じゃあ、そんなに焦らなくてもいいかな?
育休中も収入がゼロになるわけじゃないし。

ミカ:でも、育休中といっても住民税は前年の収入に対して
かかってくるし、子育てだってお金がかかるんだよ~。

美咲:そっか、ベビーカーとか、色々必要になってくるしね。

ミカ:いったん辞めて再就職したくても、
保育園が見つからないから就職できない、
就職できないから認可保育園に入れられない
スパイラルに苦しむお母さんがどれだけいるか…。

麻衣:それ、よくテレビでもやってるよね。待機児童?だっけ。

美咲:保育園落ちた、ってブログが話題になったりね。

「投資って、結局のところなんなの?」

ミカ:しかも、さっき言った育休中の給付金は職場への復帰前提だから、
辞めちゃったら出ないんだよね…。

美咲:えっ、そうなんだ。
じゃあ安易に考えて辞めないほうがいいかな。

ミカ:もちろん、やりたいことをガマンしてまで
その会社にいる必要はないけど、タイミングは考えたほうがいいかも。
保育園も、無認可でもいい保育園はあるし、そこに入れたら仕事復帰もできるし。

麻衣:そういう選択肢もあるのか、なるほど。

ミカ:ただし、国の補助のない無認可保育園は保育料が高いから、
それを払っても仕事をする価値があるかどうかを、
収入とのバランスも含めて考える必要があるのね。

美咲:確かに、例えば15万円のお給料をもらうために、
保育料を10万円払って働くなら、5万円分は家計をやりくりして、
子どものそばにいられる方がいいかもって思っちゃうな。

麻衣:今の仕事を続ける前提なら、色々手当があることも分かったけど…。

美咲:子どもの成長を近くで長く見守りたいなら、
その間の収入や養育費も含めて、仕事のことを考えないといけないワケか…。

ミカ:それだけじゃないよ~。子どもには養育費がかかるから。
3歳から高校まで、すべて公立に通った場合は約523万円、
私立に通った場合は約1,770万円…。※4

麻衣:ふぅ~…(ため息)

ミカ:大学の学費が、国立平均年間673,700円、私立平均年間1,319,700円…。

美咲:それが、子どもの数だけ…。
なんだか私、親に申し訳ない気持ちになってきたよ。

ミカ:もちろん、マジメに働いて貯金することが大前提だけど、私たち女性はとくに、出産や子育てで働けない期間もあるし、大変だよね。

麻衣:そうだよね。不安…。

美咲:なんだか、落ち込んできちゃうな。

ミカ:大丈夫!そんな時、お金自身にも働いて、利益を出してもらう。
その考え方が「投資」なのです!

美咲:なるほど!それならなんとなく分かる。

麻衣:お金自身にも働いてもらう…か。
有効に使って増やす、ってことね。

美咲:そっか…私、投資のこともっと勉強したいな。

ミカ:それならまかせて!
私の元同期にも投資してる人多いから、いちど勉強会をセッティングするよ。
…あっ、ゴメン次の約束があるから、また連絡するね!
じゃっ!(伝票をつかんで風のように去る)

麻衣・美咲:……(あっけにとられる)。

※1 2016年全国平均 http://zexy.net/mar/manual/kiso_okane/chapter1.html
※2 正確には標準報酬日額の2/3×産休日数分
※3 厚生労働省HPより http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158500.html
※4 文部科学省平成26年度「子供の学習費調査」の結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/1364721.htm

~第3話につづく~