VERITAS INVESTMENT

マンション経営・不動産投資をゆっくり知ってじっくり考える
ヴェリタス・インベストメントの[マンション経営ラウンジ]

0120-177-732お電話受付10:00~19:00(平日) 各種お問い合わせ

ゼロからのマンション経営 サクセスストーリー

OLふたりのマネ活日記

仕事や遊びを楽しむ29歳、仲良し独身OLの麻衣と美咲。一緒にヨガスクールに通ったり、旅行したり。「結婚しても今までどおり楽しく遊ぼうね」と言いつつ、「そう言えば結婚したら、仕事はどうしよう?」「しばらくは独身だとしても、今のままでいいのかな?」と、そろそろ将来のこと、お金のことを真面目に考えよう!と行動を起こす。

不動 麻衣(ふどう まい)

29歳、製薬会社勤務の独身OL。Season1で登場した智夫の妹で、川崎市内の賃貸マンションを友人とルームシェアしている。趣味は美術館めぐり。パワースポットや神社も好きで、最近御朱印を集めはじめた。どちらかと言えば兄に似たのんびり屋でコンサバな性格だが、いちど決めたことにはとことんこだわる一途な面が。半年前に彼氏と別れて以来、現在はフリー。

城山 美咲(しろやま みさき)

29歳、麻衣のルームメイト。麻衣とは大学のサークルで知り合って以来の親友同士。都内の中学校の教師をしていて、九州にいる両親も教師という一家に育つ。行動的で新しいことになんでもチャレンジする性格なので、これまでヨガやフラワーアレンジメントなど習い事をたくさんしてきた。同い年の彼氏とは現在3年半交際中。

第12話「ひとり立ちするために、いま私に必要なもの」

「これが私のものに…?」~土曜am10:00 新大久保~

美咲:地図だとそろそろこの辺だけど…。

麻衣:あ、もしかしてあれかな?

美咲:ホントだ。新築だし。でも、なんだか思った以上に…。

麻衣・美咲:おしゃれ!

麻衣:(笑)。ハモっちゃったね。

美咲:まさかでも、ここまでカッコいいなんて。

麻衣:うん。やっぱり実物は違うねぇ。
ベージュで落ち着いてるんだけど、この斜めの模様がちょっと他にない感じ。

美咲:うん…。あ、福家さんが待ってくれてる。

麻衣:ホントだ。こんにちは!

美咲:今日はよろしくお願いします。

福家:お休みの日にありがとうございます。では、中へどうぞ。

麻衣:(エントランスに入って)……すごい。

美咲:なんていうか…高級ホテルの入り口か、美術館みたい。

福家:(ニコニコしながら)ありがとうございます。
ラグジュアリーなデザインにこだわっております。

麻衣:こんなところに住んでると、出かけたり
帰ってくるたびに嬉しくなっちゃいますね。

美咲:ホントに…(これが私のモノに…?)。

~部屋の中に入る3人~

福家:こちらが、城山様にお申込みいただいたワンルームのお部屋です。

麻衣: わぁ、中もパンフレットよりずっとイイ!

美咲:ホントね。スペックは分かってたけど、実際に見ると。

福家:こちら、内装材も一般的な賃貸住宅より
高いグレードのものを使っております。

麻衣:確かに、高級感ありますね。

美咲:白が基調でシンプルなんだけど、品がある感じ。

麻衣:あ、オートバスもついてる!いいなぁ。

福家:はい!他にも宅配ボックスやハンズフリーキーなど、
入居者様から人気の高い設備を揃えました。

美咲:そう言えば、セキュリティはどんな感じなんですか?

福家:オートロックはもちろん、カラーモニターでお部屋から
来訪者を確認できますし、防犯カメラも計8台設置しております。

麻衣:いま住んでるうちのマンションより万全だね(笑)。

美咲:これなら、女性の入居者にも気に入ってもらえそう。

麻衣:新宿の大企業にお勤めの女性!
役職なんかもついてたりして…憧れちゃう。

美咲:なんだか、やっと実感が湧いてきたわ。

「共同生活も、もうすぐ終わりかな」~マンション内覧の帰り道~

麻衣:ステキなマンションだったねぇ。
もう契約はしたんだっけ。

美咲:いま申込みして、銀行の審査をしてるところかな。

麻衣:そっか、ローンの審査か。
そこからの流れってどんな感じなの?

美咲:福家さんに聞いたところによると、まず売買契約と、
サブリース契約、併せて銀行とローンの契約をするみたい。

麻衣:なるほど。で、入居者が住み始めたら家賃収入が入るってこと?

美咲:ううん。サブリースだから、入居者がいる・いないに関わらず
家賃収入が発生するって。

麻衣:そっか!それはイイね。
いつ家賃が入るんだろう…なんてヤキモキしなくてもいいんだもんね。

美咲:そうなの。買った後も、確定申告の時とか
繰り上げ返済の相談にものってくれるそうなの。

麻衣:アフターフォローもちゃんとやってくれるんだ。
そっか…これからはプロに相談できるんだから、
一緒にお金のこと調べるのも終わりだね…(しんみり)。

美咲:マイ…。

麻衣:結婚しちゃったらふたり暮らしも終わりだし、
分かってたことなんだけどなんだか、さみしいね。

美咲:そんなコト言わないでよ~!私までさみしくなっちゃう。
離れてもずっと、親友なのは変わらないんだから!

麻衣:ミサキちゃん!ありがとう。…困らせてゴメンね。

美咲:いいのよ。さぁ、せっかく新大久保に来たんだし、
チーズタッカルビ食べて帰ろうよ!

麻衣:…やった!私行きたいお店があるんだ!

美咲:って、切り替え早いね(笑)。

麻衣:あと、デザートにホミビンでしょ、
コスメショップも行きたいし…。

美咲:分かった、今日はとことん食べて、買い物しよう!

「ひとり立ちするために、いま私に必要なもの」~半年後の日曜日 am10:30 教会のガーデンで~

司会:…それでは、新婦によるブーケトスを行います。
おふたりの幸せがいっぱい詰まったブーケ。
キャッチする幸運な方はどなたでしょうか?
では、掛け声をみなさまご一緒にお願いします。…3、2、1!
(ブーケを投げる美咲。ブーケは弧を描きながら麻衣のもとへ)

麻衣:(なんとかキャッチ)……!

ミカ:おめでとうマイ。マイが受け取るなんて、最高じゃない!

美咲:(振り返って)マイ、受け取ってくれてありがとう。

麻衣:ミサキちゃん…ありがとう。

ミカ:おめでとうミサキ。ドレス姿、すごくキレイ。

美咲:ありがとうミカちゃん!ふたりとも今日は楽しんでいってね。
これからデザートビュッフェもあるから。(新婦席へ)

ミカ:やったね!お料理も美味しかったし、期待しちゃう。
(麻衣に向き直りながら)ね、マイ。…あれ、どうしたの。

麻衣:うん。…ねぇ私、これからしっかりするね。

ミカ:いきなりどうしたの(笑)。

麻衣:ずっとミサキちゃんに甘えてばかりだったから。

ミカ:そっか…エライじゃん。

麻衣:ミサキちゃんが引っ越しちゃったから実家に戻ってたけど、
マンション探して、ひとり暮らしから始めようかなって。

ミカ:うん、うん。

麻衣:お金のこともミカちゃんに教えてもらって、ミサキちゃんとも
せっかく勉強したんだから、活かしたいって思ってるよ。

ミカ:そうだね。いっそのこと、マイもマンション買っちゃうとか?!

麻衣:ええ~!ミカちゃんったら。
でも…そっか、それもアリかも!

ミカ:いいんじゃない。価値が落ちにくいマンションなら。
末永く自分の財産になってくれるなんて、大切な友達みたいじゃない。

麻衣:ホントだ…さすがミカちゃん、いいコト言う!
私も始めてみようかな…マンション経営。

~終わり~

back number