VERITAS INVESTMENT

マンション経営・不動産投資をゆっくり知ってじっくり考える
ヴェリタス・インベストメントの[マンション経営ラウンジ]

0120-177-732お電話受付10:00~19:00(平日) 各種お問い合わせ

ゼロからのマンション経営 サクセスストーリー

夫婦で考える将来設計

夫婦で考える将来設計

不動 智夫 (ふどう ともお)
34歳、メーカーの開発職。神奈川県F市に実家があり、定年退職した両親も健在。結婚3年目の妻と、都内の賃貸マンションにふたり暮らし。趣味は大学時代の友人たちとたまにキャンプに行ったり、渓流釣りをしたり。カメラやマウンテンバイクも好き。30代のうちに東京マラソンに参加してみたいが、最近運動不足で少し太ってきたのを気にしている。のんびりした性格。
不動 晴美 (ふどう はるみ)
31歳、広告代理店の営業職。もともと智夫と同じメーカーの営業だったが、最近、希望していた広告業界への転職を果たした。実家は東北だが大学から東京暮らし。趣味は旅行と料理で、週末は夫婦共通の友人たちを呼んで腕をふるう。美味しいものを食べに行くことや、お酒も好き。機械には弱いがスマホでの写真撮影には自信があり、Instagramによく料理の写真をアップする。明るく社交的で、はっきりした性格。
不動 辰彦(ふどう たつひこ)
56歳、智夫の叔父。外資系商社に勤める。専業主婦の妻と大学生の息子2人と横浜に暮らす。仕事柄、海外出張も多く語学も堪能だが、もともとは大阪出身なので関西弁はなかなか抜けない。妻の誕生日と結婚記念日にはプレゼントを欠かさない愛妻家。趣味はヨット。

第2話「不動産投資って、資産家たちがやるものだと思ってた」

「叔父さんは投資家?!」

「叔父さんは投資家?!」~週末の昼下がり、玄関チャイムが鳴る不動家~

はあい。今日はよくお越しくださいました…わぁ!!

(大きなバラの花束を差し出しながら)相変わらずおキレイですなぁ。

叔父さんいらっしゃい…って相変わらずキザだなぁ。

おうトモオ。結婚式以来やけど、美しい嫁さんに恵まれて幸せそうやなぁ。

まあ、美しいだなんて…ありがとうございます。

叔父さんのコレは挨拶みたいなもんだから。さ、あがってあがって。

なによそれ…まぁいいわ。いまお茶の用意をしますね。

…で、話ってなんなん?

相変わらずせっかちだなあ。

(お茶を運びながら)実は不動産投資について、ちょっと興味があるんです。

ハルちゃんもせっかちだな!

いやいや美しいだけやなくて、しっかりした嫁さんや。なるほど不動産投資な。

叔父さん、投資用のマンション持ってたでしょ。

いや~よう知ってるなあ。

そのマンションってどこにあるの?

えっと…確か世田谷に1軒やろ、杉並と、品川と…。代々木上原も最近買うたかな。

「叔父さんは投資家?!」

ええ!そんなに??

ちょっとした投資家じゃん!

いやいや、一介のサラリーマンやで。ローンもあるし。

それってローンで買ったの?ぜんぶ払ってるの?

いや、いま払ってるんは家族で住んでるとこと、最近買った分だけやな。他の分はもう終わったから。

ちょっと調べたんですけど、家賃収入を返済に充てるんですよね?

基本はそうやな。物件にもよるけど、今の物件は、諸経費入れてトータルで毎月1万円弱くらいマイナスかな。あと、ボクはボーナスの時に繰り上げ返済してる。子どもの養育費がかかるときはちょっと休んだりもしたけど。

なるほど…。で、いまは家賃収入が3軒分…。

おいおい、細かい計算はカンベンやで。

最初のマンションを買われたときは、おいくつだったんですか?

ええと、上の子が産まれたときやから34やったかな。

僕たちと同年代だ!

でも、その頃って…。

うん、バブルはもうはじけてたで。

「叔父さんは愛妻家」

その頃は景気もそんなに良くなかったでしょ。

しかも、お子さんも産まれたばかりだし…。奥さまもお仕事できませんよね。

そんなときに、なんで?

まあ、逆にこれからお金かかるんやったら、その前にと思ってな。初期投資、あ、最初に用意するお金な、それも少なくて済むし。

そういう時って、普通は先にマイホームってなるんじゃないの?

まあ、転勤するかもっていうのもあったし、自分の家よりは収入を増やしたかったんや。

奥さまに反対されませんでした?

まあ、細かく話したら反対されたかもしれんなぁ。当時はバブルがはじけて、不動産が売るに売れなくて損する人も多かったし。

いま住んでる横浜のマンションは10年くらい前に買ったんでしょ。3LDKだったっけ。

まあ、転勤の心配がなくなったからな。最初に買った投資用マンションのローンも終わってたし。

最初の投資用マンションは何年ローンだったの?

普通に35年や。でも、なるべく早く完済したかったから、繰り上げ返済を頑張って15年で完済した。マンション投資はローン完済したらこっちのもんや。家賃のほとんどがそのまま収入になるからな。しかも、入居者がいる限り永遠と入ってくる。

それでマイホームを買う決断に至ったというわけか。

そうや。自宅の住宅ローンは、ほとんど家賃収入で払っているようなもんやで。しばらく様子を見て、特に生活に支障がなかったんで、2戸目、3戸目と買い足していったわけや。

で、定年までに全てのローンが終われば…。

月々の家賃収入で、かつ持ち家で暮らせる…!

子どもは独立して広々、悠々ライフ…!ってすみません、失礼ですよね。

いやいや、なんか照れるわ。まぁ、いまは年金も65からやからなぁ。

叔父さん、ヨットとかお金かかる趣味ばっかりやってて大丈夫かと思ったけど、けっこう堅実だね。

そんなん思われとったんかいな…。でもな、投資用マンションを買ったのにはもう一つ大きな理由があるんや。

大きな理由?!

もし自分になんかあったら、嫁さんに遺したれるやろ。

どういうこと?

ローンを組む時には、ローンとセットになっている生命保険にも加入するんや。そしたら、もしボクが死んだりしても、その不動産はローン完済した状態で遺族に遺せるんやで。もちろん、月々の家賃収入もそのままや。もし株やったら、知識がないと運用が難しいし、遺しても嫁さんは売ることしかできへん。

不動産だったら、借り手さえ途切れなければ、ずっと収入になりますもんね。…ステキなお話!

愛妻家の叔父さんらしい考えだね。

「そして叔父さんは(僕たちも)サラリーマン」

あとは、仕事が結構忙しかったからっていうのもあるなぁ。

…っていうのは?

あ、私分かるかも。同じ投資でも、株と比べて、ってことですよね。

賢いなぁ、ハルちゃん。そうそう。毎日、銘柄の動きを見るヒマがなかったんや。出張も多かったしな。

確かに、経済ニュースとかもしっかりチェックしないとだもんね。

不動産投資は、忙しいサラリーマン向けとも言えるんですね!

でも、借り手がいないと利益にもならないでしょ。

まあなあ。物件は選ばなあかんな。

そういう、入居者探しって自分でやるんですか?

それは賃貸管理会社に任せてるで。入居者募集に加えて、敷金の清算、家賃が遅れたときの催促とかも。

それって手数料を払って契約するんですよね。

せやで。管理会社にもよるけど、だいたい家賃の10%みとけば充分やな。

賃貸管理会社って、ほかに何してくれるの?入居者トラブルとかも?

うん、あと入居者が替わるときの内装リフォームの手配とか、何でもやってくれんで。

そこまでしてくれるなら、こっちは何もしなくていいですね。

せやな。ほんまに、毎月家賃が振り込まれているかをチェックするだけや。そこもサラリーマン向けって言えるかもしれんな。

あとさ、ローンの払い方なんだけどさ…。

あの、物件選びのコツって…。

…おいおい、そういう細かい話はちゃんとプロに聞いたほうがええで。

そっか、そうですよね。

ゴメン、興奮しちゃって。

不動産投資のセミナーとかやってるから、ふたりで行ってみたら?平日夜とか土日もあるで。忙しかったら資料だけでも取り寄せたりできるし。

へぇ~。ちょっと考えてみようかな。

今日はありがとうございます。勉強になりました!

~第3話につづく~「参加して分かったことがいっぱい。マンション経営セミナー」