VERITAS INVESTMENT
マンション経営・不動産投資をゆっくり知ってじっくり考える
ヴェリタス・インベストメントの[マンション経営ラウンジ]
0120-177-732お電話受付10:00~19:00(平日) 各種お問い合わせ
マンション経営・不動産投資の気になる!アレコレコラム
2020.02.05

不動産投資における値下がりリスクを回避するには?


(写真=PIXTA)

長年所有した不動産をいざ売却しようとしたら、大幅に値下がりしていて売却損が出てしまった――。せっかく不動産投資に取り組むなら、そんなミスは避けたいもの。今回は、現在の不動産投資におけるインカムゲインとキャピタルゲインの考え方についてわかりやすく解説します。

■令和の不動産投資でインカムゲインに重点が置かれる理由は?

不動産投資で得られる利益には、インカムゲインとキャピタルゲインがあります。「ゲイン」とは利益、収益という意味で、インカムゲインは、定期的に得られる家賃収入のことです。これに対してキャピタルゲインとは、購入時よりも高く売却できた時に発生する売却益のことをいいます。

最近の不動産投資では、インカムゲインに重点を置いて投資するケースがほとんどです。

不動産価格が上がり続けていたバブル期には、不動産を購入してすぐに売却しても、大きなキャピタルゲインを上げることが可能でした。しかし最近では、値動きの予想が難しく、個人の不動産投資家がキャピタルゲインで利益をあげるのは簡単なことではありません。

むしろ、堅実にインカムゲインを積み立てる方が、投資効果が得られやすいといえます。

■不動産投資で物件の値下がりリスクを回避する2つの方法

不動産投資を始めたら、まずはインカムゲインで十分なリターンを得ることを目指しましょう。

しかし、キャピタルゲインについてまったく意識しなくていいというわけではありません。出口戦略である売却について考えていないと、将来的に不動産の価値が大きく下がり、売却時にキャピタルロス(売却損)が発生してしまうこともあります。

売却時のことも視野に入れ、物件が値下がりしないようしっかりと管理することが重要です。具体的に、不動産の値下がりリスクを回避する方法としては、物件管理と収益性の維持があげられます。

必要に応じて修繕やリフォームを行い、きちんと管理された物件であれば、値下がりしにくくなります。また、空室が少なく収益性が確保されていれば、それだけ魅力的な物件となり、値下げせずとも買い手が見つかるでしょう。

■不動産会社を上手に活用する不動産投資家は成功する

適切なタイミングで修繕を行うなどの方法で物件のクオリティを管理したり、トレンドを把握して収益性を維持したりするには、信頼できる不動産会社の協力が不可欠です。

個人の投資家が情報収集や勉強で無駄に時間を消費してしまうと、利益をあげるうえでかえって回り道になることもあります。必要に応じて、プロである不動産会社を上手に活用するのが、不動産投資家としてスマートに成功するコツと言えるでしょう。

きちんとした不動産会社であれば、複数の物件を管理しているため、物件管理のポイント、ノウハウを持っています。物件の保有者に、必要十分な修繕やリフォームを提案してくれるため、無駄がありません。また、最新情報を常に仕入れているため、トレンドを踏まえて収益をあげるためのアドバイスを得ることもできるでしょう。

都心の物件を選び、きちんと不動産の管理を行えば、物件の値下がりリスクはある程度回避することが可能です。

不動産投資の成功は、不動産会社選びにかかっているといっても過言ではありません。信頼できる不動産会社との付き合いは、一生ものです。

信頼できる不動産会社かどうかを判断するには、「積極的な情報提供があるか」「質問には的確にスピード感を持って答えてくれるか」「リスクやデメリットについても教えてくれるか」といった視点でチェックすることが大切です。

ホームページに掲載されている情報を比較したり、担当者と実際に会って相性を確かめたりして、慎重にパートナーにするべき不動産会社を選びましょう。