VERITAS INVESTMENT
マンション経営・不動産投資をゆっくり知ってじっくり考える
ヴェリタス・インベストメントの[マンション経営ラウンジ]
0120-177-732お電話受付10:00~19:00(平日) 各種お問い合わせ

ゼロからのマンション経営 サクセスストーリー

season3

新米パパの決意~投資は保険だ!~

夫婦と2歳の男の子、3人家族。子どもの成長とともにパパとしても成長し、徐々に家族の未来のことを本気で考える。「家族の将来のために今できることは、保険に入るしかない!」と考えるパパが、マンション経営という資産形成にたどり着く過程をリアルな比較検討とともに描く。

豊久 翔太(とよひさ しょうた)

豊久 翔太(とよひさ しょうた)

34歳。都内の中堅化学メーカーに勤める会社員で、2歳の男の⼦のパパ。現在は家族3人で杉並区の賃貸マンションに住んでいる。

豊久 汐里(とよひさ しおり)

豊久 汐里(とよひさ しおり)

翔太の妻、32歳。私立大学の事務職員をしている。2年の育児休暇を経て、もうすぐ職場に復帰予定。

豊久 蓮(とよひさ れん)

豊久 蓮(とよひさ れん)

翔太と汐⾥の息⼦。

第1話「仕事と家事と、 これからの家計のこと」

「いざ職場復帰!共働き夫婦の子育てって?」~日曜日Pm22:00、リビングにて~

翔太:(小声で)…寝た?

汐里:うん。さっきまでぐずってたけど、やっと。

翔太:おつかれさま。

汐里:卒乳してから、すんなり寝てくれなくなっちゃって。

翔太:そっか…でも、仕事が始まる前に卒乳できてよかったよな。

汐里:まあ、けっこう頑張って終わらせたんだけどね。私も蓮も大変だったけど!

翔太:(地雷ふんじゃったよ…)ごめん、そうだったよな。

汐里:授乳の心配はなくなったとはいえ、こんなんでホントに仕事再開して大丈夫かなぁ。

翔太:…(ここは黙って聞いた方がいいな…)。

汐里:連も初めての保育園、なじめるかな…私もこれまでほどは、家のことできなくなるし。

翔太:連なら大丈夫だよ。家事は俺も協力するし、きっとなんとかなるよ。

汐里:でも…。ご飯とか、毎日ちゃんと作れないかも。掃除とか洗濯も。

翔太:食事はたまには外食してもいいし、掃除も洗濯も僕も手伝うから。

汐里:ホントに?でもパパも忙しいでしょ。係長になったばっかりなんだし。

翔太:まぁ忙しくはなってるけど…職場にも「奥さん復帰するんで、迷惑かけることあるかも」って伝えてるし、周りも協力してくれると思うよ。

汐里:そんなこと職場で言ってるんだ…。で、周りの反応はどんな感じ?

翔太:まぁからかわれたけどね。「愛妻家ですねぇ~!」なんて。
(汐里が何か言いかけたところで、寝室の方から泣き声。続いて「ままぁー!」と呼ぶ蓮の声も聞こえてくる)

汐里:あらら、起きちゃったみたい!ちょっと行ってくるわね。(走り去る)

「子育てはこれからが大変!って具体的には何が??」

汐里:(しばらく後、戻ってきて、ため息)…ふう。

翔太:やっぱりママが大好きなんだな。こんな時に呼ぶのはママだもんな。

汐里:うーん、それは嬉しいけど……ねえ、私やっぱり仕事辞めて専業主婦になったほうがいいのかな。

翔太:もちろん俺も頑張って稼ぐし、その収入だけでもやっていけるとは思うよ。でも、今後のことを考えたら少しでもお金は多い方がいいからって、仕事を続けることにしたんだろ?

汐里:そりゃ~ちょっとでも余裕はあったほうがいいじゃない。蓮の教育費もこれからかかるし。

翔太:そうそう、教育費って、大学卒業まで3,000万円かかるっていうよね。

汐里:えっ、そんなにー!? 家、建てられるね…。やっぱりがんばるしかないか−。

翔太:久しぶりの仕事復帰で不安なのも分かるけど、まずはこれからどうするか話し合おうよ。せっかく希望していた保育園にも通えることになったんだしさ。

汐里:確かに、そのほうが建設的かもね。

翔太:だろ?まず家計をどうするかちゃんと決めないか。きちんと計画すれば、3,000万円だって貯められるかもしれないし。

汐里:「教育費3,000万円」か…ねぇねぇ、その内訳ってどうなってるの?

翔太:そういえば、そこまでちゃんと考えたことなかったな。調べてみよう。

「教育費ってどれくらいかかるの?」

翔太:(スマートフォンを見ながら)え~っと…。この保険会社のサイトによると、まず幼稚園から小・中・高校まですべて公立、大学も国立に行った場合の学費総額が、約863万円。

汐里:よかった…1,000万円きってるじゃない。

翔太:で、すべて私立で、大学が私立文系の場合が約2,244万円。

汐里:ああ、なるほど。3,000万円かかるのはずっと私立だった場合ね。私立か公立かでそんなに差があるんだー。

翔太:さらに、すべて私立で、かつ医歯系の大学に進んだ場合が…約4,012万円!

汐里:!!…でもまぁ、医学部ってことでしょ。入ってくれたら嬉しいけど、なかなかねぇ。

翔太:そりゃどうなるか分からないけど…じゃあ自分の場合に当てはめてみるよ。えっと…僕は高校から私立で、大学が私立の理系だから、トータルで約1,404万円か。

汐里:私の場合は高校まで公立で、私立文系だから1,014万円。

翔太:でも、汐里は確か下宿だったよね。その家賃とか仕送りがあったんじゃない?

汐里:そっか。確か家賃が8万円で、別に教科書代とか生活費で月8万円。けっこう親が厳しくて、大学近くの女性専用マンションじゃないとダメって。バイトもしなくてすむように、無理して多めにくれてたのかも。

翔太:じゃあ16万円×12ヶ月×4年で、768万円プラスされるよね…。俺たち、親に感謝しなきゃな。

汐里:そ、そうね…。今の家計で、学費の他に月16万円も出すとしたら、かなり厳しい!

翔太:じゃあ、さっそく今後の収入から貯蓄額を決めてさ…。

汐里:ちょっと待って!その前に、家事の分担計画を決めておきたい。

翔太:え?!いまお金の話をしてるんでしょ。家計の計画じゃないの。

汐里:でも、家計のために共働きするんだから、子育てや家のことも、どっちがするかキッチリ決めておかないと。

翔太:ええ~…!そりゃそうだけど、いまそれ??

汐里:じゃないと心配で、勤めになんて行けないわ。…じゃあまず保育園の送り迎えでしょ、朝食の準備、蓮の身支度、と。箇条書きにするわね。そうそう、さっき掃除と洗濯はやるよって言ってたっけ。

翔太:(なんか違う…!!)

参考 子どもの教育費っていくら必要?

~第2話につづく~

back number